財政破綻の可能性は現実だ 金利上がれば持たない

桜井充・元副財務相
  • 文字
  • 印刷
桜井充氏=須藤孝撮影
桜井充氏=須藤孝撮影

 今の日本の最大の課題は生産年齢人口(15~64歳)の減少にある。2040年に高齢者人口が4000万人を超えたとしても若い世代が増えているならば何の問題もない。少子化の問題をどうするかにつきる。

生産年齢人口減少が最大の問題

 生産年齢人口は1997年ごろから急速に減少しはじめた。我々は少なくとも2000年代前半にはこの問題に気がつくべきだった。

 そのころは「失われた10年」と言われていて、それが今「失われた20年」になっている。根本に生産年齢…

この記事は有料記事です。

残り1399文字(全文1622文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

桜井充

元副財務相

1956年生まれ。医師を経て98年参院初当選。副厚労相、民主党政調会長などを歴任。参院宮城、当選4回。国民民主党。