記者コラム 何が見えますか

経済動向に規定される19年

    前田浩智・編集編成担当補佐=根岸基弘撮影
    前田浩智・編集編成担当補佐=根岸基弘撮影

     時代がガラリと変わる気配を漂わせて2019年が始まりました。「何より経済をよく見ておいた方がいい」。年末、自民党幹部や霞ケ関官僚との会合で「19年はどんな年になるか」が話題になり、こんな指摘を耳にしました。19年は「選挙イヤー」ですが、経済状況は時々の政権の浮沈に強く影響してきました。「株価連動政権」の側面を持つ安倍政権であればなおさらでしょう。今年の注目のポイントは経済の行方と言えます。

     変調は新年早々、表れました。大発会を迎えた1月4日の東京株式市場は日経平均株価が昨年末の終値より4…

    この記事は有料記事です。

    残り1980文字(全文2228文字)

    プロフィール

    前田浩智

    前田浩智

    編集編成担当補佐

    1960年北海道生まれ。森、小泉官邸を担当。医療、年金、介護、人口減少問題も取材テーマにする。政治部長などを経て17年4月から現職。TBS「あさチャン!」にニュースコメンテーターとして出演した。