日本を立て直す!-イシバの底力-

外交を質す責任が国会にはある

石破茂・元地方創生担当相
  • 文字
  • 印刷
石破茂氏=藤井達也撮影
石破茂氏=藤井達也撮影

 不安定な国際情勢を考えるとき、日露、日中、日韓、日朝、日米のすべてが連動しているということを強く感じます。一つ一つのパーツをどうするかということではなく、鳥瞰(ちょうかん)図的に全体を見ながら外交を進めていかねばなりません。冷戦時代とは全く違う光景が展開されていることを政府のみならず、我々議会の側もよほど努力して把握していかないと、全体の整合がとれないことになりかねないというのが私の今の思いです。

この記事は有料記事です。

残り2848文字(全文3050文字)

石破茂

元地方創生担当相

1957年生まれ。三井銀行入行。86年衆院初当選。防衛相、農相、自民党政調会長、幹事長などを歴任。衆院鳥取1区、当選11回。2015年に「水月会」(石破派)を結成した。ポスト安倍の有力候補が日本を語る。