水無田気流さんのまとめ

学校や地域に丸投げでいいのか 外国人労働者の子どもの教育 長妻昭さん寄稿に

水無田気流・社会学者・詩人
  • 文字
  • 印刷
水無田気流さん
水無田気流さん

 長妻昭氏の「外国人労働者5年後に実は倍増 技能実習生は3年で69人死亡」についてのご意見・ご感想、誠にありがとうございました。私の方では、「異文化を背景にもつ人たち」を受け入れる覚悟と準備の不足や、「日本語指導が必要な児童生徒」への対応などについても呼びかけさせていただいた結果、実際に外国人の児童生徒受け入れその他の場面での対応を経験されたという声を、数多くうかがうことができました。

 公立学校で外国籍及び日本国籍だが日本語能力が十分でないため通常授業に入れない児童生徒への支援を行っ…

この記事は有料記事です。

残り4223文字(全文4467文字)

水無田気流

社会学者・詩人

1970年生まれ。国学院大教授。専門は文化社会学、ジェンダー論。著書に「『居場所』のない男、『時間』がない女」など。詩人として、詩集「音速平和」で、中原中也賞を受賞。ブログ http://d.hatena.ne.jp/minashita/ 、ツイッター @nonaioyaji
。本名の田中理恵子名義でも執筆。