鯨肉は日本の食文化 IWC脱退で孤立などしない

江島潔・元国土交通政務官
  • 文字
  • 印刷
江島潔氏=須藤孝撮影
江島潔氏=須藤孝撮影

 「IWC」というのは国際捕鯨委員会だ。資源管理をしながら捕鯨を進める組織のはずだ。国際捕鯨取締条約にも「捕鯨産業の秩序ある発展」と明記されており、捕鯨が大前提だ。

 反捕鯨国は、以前は「本当にクジラの資源が回復しているか確認すべきだ」などと主張していた。しかし、日本がクジラの資源が回復しているという科学的データを示すと、クジラを殺すこと自体に反対するようになった。これでは議論は成り立たない。

 鯨類の数が問題ではないというなら、モラトリアム(商業捕鯨の一時停止)もいつまでも解除されないことになる。

この記事は有料記事です。

残り1259文字(全文1509文字)

江島潔

元国土交通政務官

1957年生まれ。下関市長を経て、2013年参院初当選。国土交通政務官、自民党水産部会長などを歴任。参院山口、当選2回。自民党細田派。