野党に二つの道はいらない 19年はチャンスの年

原口一博・元総務相
  • 文字
  • 印刷
原口一博氏=須藤孝撮影
原口一博氏=須藤孝撮影

 野党に二つの道はいらない。一つになるためにどうやっていくかということをできる限り、追求していきたい。

 衆参同日選という話さえあるのに今のような状況で無駄な労力をお互いのことで使っていたら、12年に1回の統一地方選と参院選が重なるチャンスの年を逃してしまう。

分かれていては政権と戦えない

 国民民主党の国対委員長として臨時国会に臨んだ。かつての民主党の仲間が三つに分かれたことの影響の大きさを痛感した。結局は国会による行政の監視機能が弱まる結果にしかなっていない。

 たとえば衆院予算委の集中審議では立憲民主党、国民民主党、無所属の会がそれぞれ30分、あるいは45分…

この記事は有料記事です。

残り1344文字(全文1625文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

原口一博

元総務相

1959年生まれ。佐賀県議を経て96年衆院初当選。民主党副代表などを歴任。国民民主党国対委員長。衆院佐賀1区、当選8回。国民民主党。