「合意なきEU離脱」回避に全力

ピーター・エストリン・シティ・オブ・ロンドン 第691代ロードメイヤー
  • 文字
  • 印刷
ピーター・エストリン氏=駐日英大使館提供
ピーター・エストリン氏=駐日英大使館提供

 世界有数の国際金融センターであるシティ・オブ・ロンドンは、英国のビジネスの中心地であり、2000年に及ぶ歴史を背景に、多数の貴重な歴史文書を有する。例えば1067年にウィリアム征服王より与えられた勅許状は、ロンドンを重要な貿易の中心地として認めたものだった。その約150年後、1215年のマグナ・カルタの制定に際してもシティ・オブ・ロンドンは積極的な役割を果たし、1297年以降、同書の写しが残されている。

 これらの文書に並び、我々が新たに大切にしているのは、2017年に東京都と共同署名した、金融分野での…

この記事は有料記事です。

残り1428文字(全文1682文字)

ピーター・エストリン

シティ・オブ・ロンドン 第691代ロードメイヤー

 ロンドン、ニューヨーク、香港などの銀行で勤務し、シティグループの企業投資銀行部門の最高財務責任者(CFO)、バークレイズでリテール&ビジネス銀行業務部門と非主力部門CFO兼暫定グループCFOを務めた。英国財務省の監査委員会委員。「ロードメイヤー」はシティ・オブ・ロンドンの「市長」にあたる。