玉木雄一郎「新しい政治」

女性議員を増やして「既存政治」を飛び越える

玉木雄一郎・国民民主党代表
  • 文字
  • 印刷
玉木雄一郎氏=根岸基弘撮影
玉木雄一郎氏=根岸基弘撮影

 国民民主党は女性候補を30%にするという目標を掲げている。

 2018年に成立した政治分野における男女共同参画推進法は、政党に「男女のそれぞれの公職の候補者の数について目標を定める等、自主的に取り組むよう努めるものとする」と規定した。我々はこれを単なる努力義務ではなく、党の方針として明確に位置づけようと考えた。

 国民民主は新しい政党だ。既存政治の悪を飛び越える政党だ。「女性議員が少ない」というのは既存政治の悪…

この記事は有料記事です。

残り1587文字(全文1793文字)

玉木雄一郎

国民民主党代表

1969年生まれ。93年大蔵省入省。2009年衆院初当選。民主党政調副会長、民進党幹事長代理、希望の党代表などを歴任。衆院香川2区、当選4回。早くから民主党若手のホープとして知られた。実家は兼業農家で農政通でもある。