馬淵澄夫の「政治は術(アート)なり」

国会に戻ってあらためての政局をみる 8月同日選?

馬淵澄夫・元国土交通相
  • 文字
  • 印刷
馬淵澄夫氏=根岸基弘撮影
馬淵澄夫氏=根岸基弘撮影

 昨年末の北川知克代議士ご逝去により、衆院大阪12区補欠選挙の4月21日執行が決まり、去る1月28日、樽床伸二代議士は補選出馬に向けて議員辞職された。

 これにより、2月4日、中央選挙管理会の選挙会で「衆院比例近畿ブロックの欠員による繰り上げ補充の当選人」として私が当選人として確定し繰り上げ当選が決まった。

 そして2月5日に初登院を果たし、あらためて6期目の議員活動が始まった。

この記事は有料記事です。

残り1703文字(全文1892文字)

馬淵澄夫

元国土交通相

1960年生まれ。2003年衆院初当選。国土交通相、民進党選対委員長などを歴任した。政治団体「一丸の会」代表。衆院比例近畿、当選6回。無所属。耐震偽装事件の追及で知られ、福島第1原発事故では首相補佐官として対応にあたった。