地方議会 女性が入れば政治が変わる

西村智奈美・元副厚生労働相
  • 文字
  • 印刷
西村智奈美氏=宮本明登撮影
西村智奈美氏=宮本明登撮影

 第14回統一地方選で1999年4月の新潟県議選に立候補した。当時、新潟県議会には一人も女性議員がいなかった。戦後最初の県議選で女性が1人だけ当選したが、その女性が1期務めた後はずっと女性不在の議会だった。当時、女性議員ゼロ議会を無くそうという全国的な運動があり、新潟県議会もその対象の一つだった。

 先輩議員から、男女共同参画社会基本法の施行(99年)に伴い県議会でも条例を作らなければならない、そこには女性議員がいなくてはならないと説得された。

 結局、私を含めて2人の女性県議が生まれたが、議会庁舎に女性用トイレが非常に少なかったため、我々の当…

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1718文字)

西村智奈美

元副厚生労働相

1967年生まれ。新潟県議を経て、2003年衆院初当選。外務政務官などを歴任した。衆院新潟1区、当選5回。立憲民主党。