レギュラー 片山さつきの「コトの本質」

女性の政治的自立心が日本を救う

    片山さつき氏=宮間俊樹撮影
    片山さつき氏=宮間俊樹撮影

     2006年に自民党広報局長に就いたころから、女性の候補者を増やしたいと声をあげてきた。女性候補者のところに女性議員が応援に行くなどの取り組みをしたこともある。

     18年に成立した政治分野における男女共同参画の推進に関する法律には自民党政調会長代理として関わった。どこまで「ポジティブアクション」(一定の範囲で機会を提供することで実質的な機会均等を実現する暫定的措置)を取れるかということについては、憲法上の問題がまだ残っていると感じた。

     男女の候補者数をできる限り均等にすることを目指して政党に努力義務を課すこの法律の形が、今の日本の社…

    この記事は有料記事です。

    残り1284文字(全文1552文字)

    プロフィール

    片山さつき

    片山さつき

    地方創生担当相

    1959年生まれ。82年大蔵省入省。2005年衆院初当選。10年参院初当選。経済産業政務官、総務政務官、自民党政調会長代理などを歴任。参院比例。衆院当選1回、参院当選2回。二階派。大蔵省時代に防衛担当主計官を務め、05年衆院選では郵政民営化反対派議員の対立候補として立候補し、話題を集めた。