細野豪志の「ダイバーシティジャパン」

子どもを虐待から守る社会に 親の懲戒権は不要

細野豪志・元環境相
  • 文字
  • 印刷
細野豪志氏=太田康男撮影
細野豪志氏=太田康男撮影

 今回の児童虐待防止法改正案のポイントの一つは親がしつけにあたって子どもに体罰を加えることを禁止したことだ。背景には親権をどう考えるか、ということがある。

親権は子どものための権利

 「親権があるので家庭内や子どものことには行政が介入しにくい」と言われる。親の権利を侵害してはならない、という含意がある。しかし、親権は「子どもは親のモノ」という権利ではない。人権の主体はあくまで子どもだ。

 子どもには健全に育つ権利がある。その権利を実現する手段として、子どもが自分では決められないことにつ…

この記事は有料記事です。

残り1587文字(全文1829文字)

細野豪志

元環境相

1971年生まれ。2000年衆院初当選。首相補佐官、原発事故担当相、民主党幹事長などを歴任。衆院静岡5区、当選7回。民主党政権では原発事故対応に奔走した。00年に旧静岡7区で初当選した際は地縁がない、いわゆる落下傘候補だった。「パラシューター」という著書がある。