議会を誰もが参加できる場に 議員の出産は「普通のこと」

永野裕子・豊島区議
  • 文字
  • 印刷
永野裕子氏=須藤孝撮影
永野裕子氏=須藤孝撮影

 2003年に東京都豊島区議会議員に初当選し、2期目の08年に第1子を出産した。その際に欠席理由として「出産」を明記する議会会議規則改正を提起したが、まったく理解されず、提案にさえこぎつけられなかった。

 全国都道府県議会議長会は会議規則のモデルとなる「標準規則」を作っている。この標準規則には02年に出産による欠席規定が加えられ、15年までに全都道府県議会が会議規則を改正した。有村治子女性活躍担当相(当時)は15年5月に市議会の標準規則にも出産による欠席規定を設けるよう、全国市議会議長会長に要請している。

 こうした動きもにらみながら、4期目だった15年、同僚議員に若い女性が加わったことをきっかけにもう一…

この記事は有料記事です。

残り1274文字(全文1578文字)

永野裕子

豊島区議

1972年生まれ。行政書士を経て、2003年豊島区議に初当選し、連続4期当選。「出産議員ネットワーク」発起人・代表世話人。国民民主党。