女性不在の政治 子育て・介護が「対岸の火事」になっていないか

宮沢由佳・参院議員
  • 文字
  • 印刷
宮沢由佳氏=藤井太郎撮影
宮沢由佳氏=藤井太郎撮影

 残念ながら今の日本には男女の固定的役割分担意識が根強く残っている。

 「女は家庭で子育て、男は仕事」。口ではみんな「もうそんな時代ではない」と言う。しかし「地元の区長さん、自治会長さん、公民館長さん、地域を代表する方は男女どなたですか」と聞けば、多くの地域ではまだ男性だ。

 「なぜ女性がやらないのですか」と聞くと「いやいや私なんか」となる。そういった文化が日本社会の隅々まで根付いている。日本の根底にある。

この記事は有料記事です。

残り1490文字(全文1693文字)

宮沢由佳

参院議員

1962年生まれ。保育士を経て、2016年参院初当選。立憲民主党副幹事長。参院山梨、当選1回。