AI兵器 人類を脅かす可能性 人間の関与が必要

遠山清彦・公明党幹事長代理
  • 文字
  • 印刷
遠山清彦氏=宮武祐希撮影
遠山清彦氏=宮武祐希撮影

 人工知能(AI)と致死性兵器が一体化した「自律型致死兵器システム」(LAWS)を規制する問題に取り組んでいる。

 人間が介在せずにAIの判断だけで人を殺してしまう兵器が現実味を帯びている。銃と核兵器に続く戦争における「第三の革命」になるとも言われている。

 実用化されてはいないが、人類の存在自体も脅かしかねない。公明党のプロジェクトチームで中間提言をまとめ、河野太郎外相にも申し入れた。

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1330文字)

遠山清彦

公明党幹事長代理

1969年生まれ。2001年参院初当選、10年衆院初当選。外務政務官、衆院総務委員長などを歴任。参院当選2回。衆院当選4回。衆院比例九州。