寄稿

子どもの貧困 突破には社会の手助けが必要

    中谷一馬氏=須藤孝撮影
    中谷一馬氏=須藤孝撮影

     現在、日本の子どもは、7人に1人が貧困状態という最悪の状態にある。学校の上履きを買えない、給食でしか栄養をとれないような子どもがいる。テレビドラマの話ではない。今、目の前にある現実だ。

    子どもだけでは乗り越えられない

     私自身が母子世帯の貧困家庭で育った。小学生の時に父母が離婚し、母は私と妹2人を養うために朝から晩まで働いた。しかし、働いても働いても生活は苦しくなる。

     ひとり親家庭の母は約8割が働いているにもかかわらず、平均年収は約200万円にすぎない。私も大人にな…

    この記事は有料記事です。

    残り1473文字(全文1707文字)

    プロフィール

    中谷一馬

    中谷一馬

    衆院議員

    1983年生まれ。IT企業(東証一部)の創業役員、神奈川県議を経て、2017年衆院初当選。立憲民主党青年局長。科学技術・イノベーション議員連盟事務局長。衆院比例南関東、当選1回。