乳児用液体ミルク解禁 母親の声が政治を動かした

大沼瑞穂・元厚生労働政務官
  • 文字
  • 印刷
大沼瑞穂氏=藤井太郎撮影
大沼瑞穂氏=藤井太郎撮影

 乳児用液体ミルクが日本でも解禁され、3月から販売が始まった。私は2013年11月に、国会議員になって初めて参院厚生労働委員会で質問した際に液体ミルクの必要性についてとりあげた。

 実現して本当に良かったと思う。日本中の子育てをしているお母さんの声が結集して、政治を動かした。

育児負担を軽減する

 液体ミルクは東日本大震災の際に注目された。粉ミルクは清潔な水が必要でさらにそれを煮沸しなければならないが、液体ミルクはその必要がない。海外では普通に販売されているのに、日本にはない。なぜ、という素朴な疑問が最初にあった。

 私自身、長女の子育てで母乳とともに、粉ミルクを使った。夜中に娘がミルクを欲しがって泣いている時、粉…

この記事は有料記事です。

残り1083文字(全文1390文字)

大沼瑞穂

元厚生労働政務官

1979年生まれ。2013年参院初当選。参院自民党副幹事長などを歴任。参院山形。当選1回。自民党岸田派。