空気に流されるな 戦後を否定する安倍政権は危険

藤井裕久・元財務相
  • 文字
  • 印刷
藤井裕久氏=須藤孝撮影
藤井裕久氏=須藤孝撮影

 政治家と官僚、そして言いにくいことですが、有権者も同じ一つの空気に流されていると思います。

 山本七平氏は「空気が一番怖い、その最たるものが戦争だ」と言いました。今ただちに戦争に結びつくかは別として、「空気」で動いている人たちはみんな、反省してもらわなければいけません。

翼賛に反対した人が戦後を作った

 ドイツのワイマール憲法は世界一民主的な憲法だと言われましたが、ヒトラーが出てきました。仕組みだけではどうにもならない面があります。ヒトラーを支えた人たちがいるのです。

 安倍晋三首相の歴史観は基本的に間違っています。一番大切なことは現在の民主主義社会がどのようにできた…

この記事は有料記事です。

残り1642文字(全文1926文字)

藤井裕久

元財務相

1932年生まれ。大蔵省を経て77年参院初当選。90年衆院初当選。細川内閣と羽田内閣で蔵相、鳩山内閣で財務相を務めた。参院当選2回、衆院当選7回。2012年に政界を引退した。