財政赤字を恐れるな 財政至上主義は利己主義

西田昌司・参院議員
  • 文字
  • 印刷
西田昌司氏=内藤絵美撮影
西田昌司氏=内藤絵美撮影

 現代金融理論(MMT)に関心があり、4月の参院予算委員会でも質問した。

 みなさんは「貨幣」というと金貨のようなものを思い浮かべるかもしれない。紙幣も金と交換できる兌換(だかん)紙幣として始まった。わかりやすくいえば金貨を持っている人がそれを貸すというイメージだ。

財政破綻はありえない

 しかし、現在の貨幣はそうした仕組みではない。金とは関係なく国家の信用で強制的に通用している。極端に言うと元手はゼロだ。誰かにお金を貸した瞬間に、誰かの預金残高が増える。これを信用創造と言う。

 財務省などは預金残高が減ってくると国債の引き受け手がなくなり、国債の暴落、信用危機、ハイパーインフ…

この記事は有料記事です。

残り1045文字(全文1333文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

西田昌司

参院議員

1958年生まれ。京都府議を経て、2007年初当選。党参院国対委員長代行。参院京都、当選2回。自民党細田派。