田原総一朗さんのまとめ

強すぎる政治にブレーキ 「国民が人事評価」読者提案が面白かった 藤井裕久さんの寄稿に

田原総一朗・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
田原総一朗さん
田原総一朗さん

 政治と官僚の関係がどうもおかしい。キーワードは「安倍1強」だ。政治主導が極端になり、内閣人事局が600人の国家公務員の人事を握っている。その弊害が、森友、加計両学園や厚生労働省の統計不正問題でいよいよあらわになった。

 読者から寄せられた意見でも、安倍晋三首相本人への批判が多かった。自分の気に入った人間しか使わない、異論を排除し、自民党が「自由」でも「民主」でもないのでは、という懸念に政権は答える必要があるだろう。

 「ai-chan」さんは「強すぎる政治ではなく、強すぎる安倍政権であり、安倍首相が官僚のトップに長…

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文823文字)

田原総一朗

ジャーナリスト

1934年生まれ。司会を務める「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)は放送32年目。近著に「平成の重大事件 日本はどこで失敗したのか」(猪瀬直樹氏と共著)。公式サイトhttp://www.taharasoichiro.com/、ツイッター @namatahara