浅尾慶一郎「将来を語る」

統計不正 「歳入庁」で解決できる

浅尾慶一郎・元衆院議員
  • 文字
  • 印刷
浅尾慶一郎氏=太田康男撮影
浅尾慶一郎氏=太田康男撮影

 通常国会で毎月勤労統計の不正問題がたびたび取り上げられております。予算委員会を含め衆参両院の各種の委員会でさまざまな質疑がこの問題を巡り行われております。

背景に調査の「面倒さ」

 問題は、調査の偽装です。本来、従業員が500人以上在籍する事業所(企業やその他の法人)は、全量調査を義務付けられているのですが、3分の1しか調査していなかったことが明らかになったのです。都内には500人以上在籍する事業所が多数あり、とても人手が回らなかったと弁明していますが、明らかに統計法違反です。

 もちろん、そのことは大きな問題です。ただ一方、調査の対象となった事業所からは、「忙しいのに、なぜ調…

この記事は有料記事です。

残り1194文字(全文1484文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

浅尾慶一郎

元衆院議員

1964年生まれ。87年日本興業銀行入行、98年参院議員初当選(神奈川選挙区)、2009年衆院初当選(比例南関東)。17年衆院選で落選。みんなの党政調会長、幹事長、代表を歴任した。外交安保の政策通として知られる。