即位とは何か 天皇の血筋が意味するもの

須藤孝・政治プレミア編集長
  • 文字
  • 印刷
平成の大嘗祭が行われた大嘗宮。右が悠紀殿、左が主基殿、奥が廻立殿=皇居・東御苑で1990年11月21日、本社ヘリから撮影
平成の大嘗祭が行われた大嘗宮。右が悠紀殿、左が主基殿、奥が廻立殿=皇居・東御苑で1990年11月21日、本社ヘリから撮影

 「天皇陛下はまだ即位していない」と言ったら驚くだろうか。もちろん、憲法上も皇室典範の上でもすでに即位はしている。けれどもなぜ即位の礼は秋に行うのか。即位は何を意味するのだろうか。

大嘗祭をしなかった天皇は半帝

 一連の儀式のなかで、もっとも重要とされるのが大嘗祭(だいじょうさい)だ。即位後初めて行う新嘗祭(にいなめさい)という位置づけで、大嘗祭を行わずに退位した天皇が半帝と呼ばれたこともあった。

 しかし、なぜ大嘗祭がそれほど重要なのか。

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1022文字)

須藤孝

政治プレミア編集長

1967年生まれ。91年入社。福岡総局などを経て2003年から政治部。18年から現職。