政史探訪

令和おじさん 菅官房長官の「野心」

中川佳昭・編集編成局編集委員
  • 文字
  • 印刷
記念撮影に応じる第4次安倍改造内閣の閣僚=首相官邸で2018年10月2日、竹内紀臣撮影
記念撮影に応じる第4次安倍改造内閣の閣僚=首相官邸で2018年10月2日、竹内紀臣撮影

 令和の時代が始まった。平成の31年間に別れを告げ、私たちは未知の世界に入っていく。政治は相変わらず「安倍1強」が続くが、安倍晋三首相の政権担当(第2次内閣発足以降)は満7年に近づき、「午後3時の太陽」という状況にあろう。

 そんな中で、「親安倍」と「反安倍」に別れて血みどろののしり合いを繰り返すのはうんざりである。現代の状況を過去の事績から照らし出し、これから何が起きるのか、あれこれ想像をたくましくして、政治をみつめていきたい。読者の皆様と一緒に「政史探訪」の旅に出ましょう。

 平成から令和への移り変わりに際して、急速に政界内での存在感を高めたのが、菅義偉官房長官である。新元…

この記事は有料記事です。

残り2221文字(全文2511文字)

中川佳昭

編集編成局編集委員

1962年生まれ。89年毎日新聞社入社。静岡、浜松支局、東京本社政治部。政治部では首相官邸、自民党(小渕、橋本派)、外務省などを長く担当。大阪本社社会部(大阪府庁キャップ)、政治部与党、官邸クラブキャップ、政治部副部長、同編集委員、社長室委員兼編集編成局編集委員などを経て2019年5月から編集編成局編集委員兼社長室委員。