レイワ時代の選挙と若者 広がりはじめたOMOマーケティング

古井康介・株式会社POTETO Media代表取締役社長
  • 文字
  • 印刷
ハイタッチする安倍首相。古井氏は「やっぱり握手は大事」だという=2019年4月、POTETO提供
ハイタッチする安倍首相。古井氏は「やっぱり握手は大事」だという=2019年4月、POTETO提供

 ネット選挙が解禁された!

 富山の4畳半の畳の部屋、真夏の日差しが照りつけるベッドの上。東京の友人が喜々としてシェアしていたFacebookの投稿で僕はそのニュースを見つけた。

 2013年、クラス内の連絡手段がメーリングリストからLINEグループに変わり始めたその年。それまではご法度だったインターネット上での選挙運動が解禁された。

 どぶ板選挙とまで言われる、ウルトラアナログな選挙。握手の数だけしか票は出ないと言われる世界に、他の…

この記事は有料記事です。

残り2065文字(全文2281文字)

古井康介

株式会社POTETO Media代表取締役社長

1995年生まれ。慶応大経済学部4年。2016年米大統領選の取材後、政治を若者にわかりやすく伝えるメディア「POTETO」を設立。17年仏大統領選取材や、全国1万人の中高生への主権者教育、政治家の広告代理事業を通じ政治のイメージを変えるための活動に取り組む。国際女性会議2017ユーススピーカー/広報サポーター。