サイバーセキュリティ対策の構築に没頭中

高市早苗・衆院議院運営委員長
  • 文字
  • 印刷
高市早苗氏=藤井達也撮影
高市早苗氏=藤井達也撮影

 NICT(国立研究開発法人「情報通信研究機構」)により開発されたNICTER(サイバー攻撃観測・分析・対策システム)が観測した「海外送信元から日本国内に向けて行われたサイバー攻撃のパケット総数」を見ますと、2017年1月1日~12月31日は約1400億で、日割りしてみますと1日平均で約3億9000万回の攻撃を受けていたことになります。18年1月1日~12月31日は約1900億で、1日平均で約5億2000万回もの攻撃を受けています。

 海外送信元からのサイバー攻撃は急増しており、国際連携、技術開発、高度セキュリティー人材の育成、法制…

この記事は有料記事です。

残り1117文字(全文1385文字)

高市早苗

衆院議院運営委員長

1961年生まれ。松下政経塾出身。科学技術担当相、自民党政調会長、総務相などを歴任。衆院奈良2区、当選8回。17年から党サイバーセキュリティ対策本部長。