韓国水産物禁輸 WTO敗訴に外務省の油断はなかったか

浜田靖一・元防衛相
  • 文字
  • 印刷
浜田靖一氏=高橋恵子撮影
浜田靖一氏=高橋恵子撮影

 秘書時代に地元(千葉県)のノリ取りの漁師さんと知り合い、初当選以来ずっと水産分野に力を入れてきた。身近に漁業があったこともあるが、安全保障の観点からも水産業は重要だと思う。四方を海に囲まれた日本にとって、主権を主張するためにも海で働いている漁師さんたちの存在は欠かせないと考えるからだ。

 だが、ここのところ外交面で日本の水産業が脅かされる事案が発生している。今年4月11日(日本時間12日未明)、世界貿易機関(WTO)の紛争を処理する上級委員会が、韓国の日本産水産物の禁輸をWTO協定違反とした1審の紛争処理小委員会(パネル)の判断を取り消し、日本側が逆転敗訴した。

 韓国は東京電力福島第1原発事故後、福島など8県の水産物を輸入禁止にしており、この敗訴は禁輸継続に大…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1263文字)

浜田靖一

元防衛相

1955年生まれ。自民党国対委員長や衆院平和安全法制特別委員長、予算委員長などを歴任。国防族や国会運営を担当する国対族などとして知られ、党水産総合調査会長も務める。衆院千葉12区、当選9回。父は「ハマコー」の愛称で知られた浜田幸一元衆院議員。