韓国の輸入規制 対抗措置検討を -世界貿易秩序を守るためにも-

斎藤健・前農相
  • 文字
  • 印刷
斎藤健氏=高橋恵子撮影
斎藤健氏=高橋恵子撮影

 去る4月12日、世界貿易機関(WTO)の上級委員会は、下部機関であるパネル(1審の紛争処理小委員会)が韓国の日本産水産物に対する輸入規制をWTO協定違反であるとした判断を取り消した。これにより、輸出再開を首を長くして待ち望んでいた福島県など被災地の希望は打ち砕かれた。

 問題は、日本産食品は安全だというパネルの判断をそのままにしながら、協定違反かどうかの判断から逃げたことだ。紛争を処理するための機関が、長い時間だけかけて答えを出さないのであれば、そんな紛争処理機関はいらない。

 私は、これは世界の通商秩序を守るべく発足したWTOの自殺行為だと思う。世界大恐慌後に関税引き上げ競…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文988文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

斎藤健

前農相

1959年生まれ。経済産業省、埼玉県副知事を経て2006年衆院千葉7区補選に出馬し惜敗。09年衆院初当選。衆院当選4回。自民党石破派。著書に「転落の歴史に何を見るか--奉天会戦からノモンハン事件へ」(筑摩書房)。