医療現場から

(6)外国人観光客「医療プロジェクト」に取り組む

自見英子・参院議員
  • 文字
  • 印刷
自見英子氏=須藤孝撮影
自見英子氏=須藤孝撮影

 小児科医の経験もある自見英子参院議員は、外国人観光客が急増している沖縄県を訪問して、外国人医療現場の課題を知った。2016年に初当選したばかりの自見氏にはどう解決するか、手探りだった。

 自見氏は橋本岳・自民党厚生労働部会長に相談。プロジェクトチーム(PT)を作って先輩議員の力で政策を実現する仕組みを学び、PTでヒアリングを重ねていった。

この記事は有料記事です。

残り1819文字(全文1989文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

自見英子

参院議員

1976年生まれ。小児科医を経て、2016年参院初当選。日本医師連盟参与。参院比例代表、当選1回。自民党。