ワンツー議連「性暴力は1件でも多すぎる!」

赤沢亮正・衆院議員
  • 文字
  • 印刷
赤沢亮正氏=野原大輔撮影
赤沢亮正氏=野原大輔撮影

 我が国では、2017年に性犯罪の厳罰化、非親告罪化など110年ぶりとなる性犯罪に関する刑法改正を行った。その改正刑法の付則に施行後3年をめどとする見直しを盛り込んだことを契機に、自民党議員有志の検討組織として、同年12月に「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」(注)を発足させた。

 ことさら「性犯罪」ではなく「性暴力」という言葉を使ったのは、有罪にならなくとも性暴力は許されないからだ。同議連の通称「ワンツー議連」には、「1 is 2 many!(=性暴力はたとえ1件でも多すぎる!)」という思いを込めている。

この記事は有料記事です。

残り2132文字(全文2390文字)

赤沢亮正

衆院議員

1960年生まれ。運輸省、国土交通省を経て、2005年衆院初当選。副内閣相(防災、国土強靭=きょうじん=化、女性活躍など担当)、国土交通政務官、衆院環境委員長などを歴任。鳥取2区、当選5回。自民党石破派。