歳費 自主返納では国民の理解は得られない

浅田均・日本維新の会政調会長
  • 文字
  • 印刷
浅田均氏=太田康男撮影
浅田均氏=太田康男撮影

 自民、公明両党、参院会派「無所属クラブ」が提出した歳費の一部を自主返納できるようにする国会議員歳費法改正案は、極めて問題が多い。

 参院議員の定数6増に伴う経費増大を抑えるためとしているが、自主返納だから、誰が返納したか確認できない。何人が返納したかも確認できない。国会議員は、国民が守ることを強制される法律を作っている。ところが今回の自主返納は、強制はしないので賛同する人は協力してほしいということだ。

 では、国民が同じ論理で「税金が必要なら賛同する人が自主的に払います」と言ったらどうするのか。国民よ…

この記事は有料記事です。

残り1066文字(全文1318文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

浅田均

日本維新の会政調会長

大阪府議を経て、2016年参院初当選。参院憲法審査会幹事。参院大阪、当選1回。地域政党「大阪維新の会」の結成当初から関わった。政策通として知られる。