男性の育児休業を義務化しよう

和田義明・衆院議員
  • 文字
  • 印刷
和田義明氏=須藤孝撮影
和田義明氏=須藤孝撮影

 人口減少問題に取り組んできて、さまざまな人に話を聞いているうちに、結局は男性の家事・育児への参加が少ないことが最大要因の一つだと考えるに至った。

 男性の育児休業を義務化する議員連盟の設立に奔走した。

意識をゼロから作り直す

 私自身も5歳の子どもがいて、家事や子育てを限られた範囲だけれども少しかじった。こんな大変なことをお母さんはやっているのか、ということにはじめて気がついた。

 同時に、見よう見まねでおっかなびっくりやってみて、子育ては非常に楽しいということも知った。おこがま…

この記事は有料記事です。

残り1478文字(全文1717文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

和田義明

衆院議員

1971年生まれ。三菱商事を経て2016年衆院初当選。自民党国防部会副部会長。衆院北海道5区、当選2回。自民党細田派。