田原総一朗さんのまとめ

怒りと冷静さ、読者のアベノミクス批判に「なるほど」 前原誠司さん寄稿に

田原総一朗・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
田原総一朗さん
田原総一朗さん

 「アベノミクスは目くらまし」とする前原誠司さんの寄稿、今回も読者の皆さんの反応、質量ともにすごかった。アベノミクスの成果を誇示する政府の見解に対し、読者は実感との落差に怒りを持っているのがよくわかります。

 とはいえ、単純な政権批判だけではない。大島二郎さんは前原さんに対し「もう少し踏み込むべきでは」として、「高齢化社会において、より多くの富を蓄積した企業ないし高齢者から国民への富の移転は、自然に起こることではなくなりつつあります。格差の固定化をどう解決したらいいのかというプラン(政策)を、政治は示…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

田原総一朗

ジャーナリスト

1934年生まれ。司会を務める「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)は放送32年目。近著に「平成の重大事件 日本はどこで失敗したのか」(猪瀬直樹氏と共著)。公式サイトhttp://www.taharasoichiro.com/、ツイッター @namatahara