政史探訪

安倍首相は私邸で誰とワインを飲んだか

中川佳昭・編集編成局編集委員
  • 文字
  • 印刷
記者の質問に答える安倍晋三首相(右)と岸田文雄外相=宮武祐希撮影
記者の質問に答える安倍晋三首相(右)と岸田文雄外相=宮武祐希撮影

 6月3日夜、東京・富ケ谷の安倍晋三首相私邸に姿を見せたのは、自民党の岸田文雄政調会長だった。約50分間、2人は赤ワインを飲みながら、参院選の選挙公約、各選挙区情勢を話し合った。この時点では永田町では解散風が吹きまくっており、2人は「衆参同日選」についても話し合ったようだ。

 翌4日には首相官邸で、首相は自民党の二階俊博幹事長、麻生太郎副総理兼財務相と相次いで会談したが、岸田氏をわざわざ私邸に招いた意味は何か。

 これまで、首相が私邸で頻繁に会うのは、首相の盟友であり後見人的存在である麻生氏だけである。

この記事は有料記事です。

残り3064文字(全文3316文字)

中川佳昭

編集編成局編集委員

1962年生まれ。89年毎日新聞社入社。静岡、浜松支局、東京本社政治部。政治部では首相官邸、自民党(小渕、橋本派)、外務省などを長く担当。大阪本社社会部(大阪府庁キャップ)、政治部与党、官邸クラブキャップ、政治部副部長、同編集委員、社長室委員兼編集編成局編集委員などを経て2019年5月から編集編成局編集委員兼社長室委員。