医療現場から

(8)「日本はお人よしの国ではない」医療費未払いは入国拒否も

自見英子・参院議員
  • 文字
  • 印刷
自見英子氏=須藤孝撮影
自見英子氏=須藤孝撮影

 自らも小児科医の経験を持つ自見英子参院議員は自民党の外国人観光客に対する医療プロジェクトチームで問題に取り組み、提言をまとめた。

 提言では国が希少言語への対応を支援することや、医療費の悪質な未払いがある場合は再上陸拒否もできるようにすることなどを求めた。

 ◇ ◇

 外国人観光客に対する医療プロジェクトチームで5回のヒアリングを終え、6回目に取りまとめに入った。その際の萩生田光一座長のごあいさつが、実に的を射ていると思う。

 「日本はおもてなしの国だが、お人よしの国ではない」、「国として整備することは当然させていただくが、…

この記事は有料記事です。

残り1613文字(全文1875文字)

自見英子

参院議員

1976年生まれ。小児科医を経て、2016年参院初当選。日本医師連盟参与。参院比例代表、当選1回。自民党。