浅尾慶一郎「将来を語る」

日本のために「所得倍増」を!

浅尾慶一郎・元衆院議員
  • 文字
  • 印刷
浅尾慶一郎氏=太田康男撮影
浅尾慶一郎氏=太田康男撮影

 地元で街頭に張り出すポスターを令和への改元と共に新しいデザインに変更しました。今回のポスターのキャッチフレーズは「所得を増やそう」です。

キャッチフレーズは「所得を増やそう」

 令和の始まりと共に随分と大胆な提案をしたなと思われる方もいらっしゃると思います。どうやって実現するのかと思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、今、我が国の抱える課題を根本的に解決するには、1人当たりの所得の倍増が一番効果的です。

 日本の抱える課題とは。少子高齢化に伴う社会消費用の急増、増加する政府債務残高、安全保障環境といったところでしょう。課題解決の特効薬は一人当たりの所得を増やすこと。1人当たりの所得を増やせば、年々増加する社会保障費用の所得に対する負担の割合を低く抑えることができますし、税収の増加から政府債務残高を削減することもできます。

この記事は有料記事です。

残り1580文字(全文1945文字)

浅尾慶一郎

元衆院議員

1964年生まれ。87年日本興業銀行入行、98年参院議員初当選(神奈川選挙区)、2009年衆院初当選(比例南関東)。17年衆院選で落選。みんなの党政調会長、幹事長、代表を歴任した。外交安保の政策通として知られる。