MMT批判に反論「政府の借金は国民の資産」

西田昌司・参院議員
  • 文字
  • 印刷
西田昌司氏=内藤絵美撮影
西田昌司氏=内藤絵美撮影

 財務省の官僚は経済学を勉強しているかもしれないが、現実に起こっていることを理解していない。財務省は民間貯蓄が国債をファイナンスしていると主張するが、明らかな間違いだ。天動説だ。政府の借金は国民の資産だ。

 政治プレミアへの寄稿「財政赤字を恐れるな 財政至上主義は利己主義」で近代金融理論(MMT)を紹介した。MMTには批判もあるので、反論したい。

この記事は有料記事です。

残り1283文字(全文1456文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

西田昌司

参院議員

1958年生まれ。京都府議を経て、2007年初当選。党参院国対委員長代行。参院京都、当選2回。自民党細田派。