時の足音

図書館はトランプ政治に勝てるか

伊藤智永・編集委員兼論説委員
  • 文字
  • 印刷
読書室ローズルーム=(c)2017 EX LIBRIS Films LLC‐All Rights Reserved
読書室ローズルーム=(c)2017 EX LIBRIS Films LLC‐All Rights Reserved

 ドラマは起きない。ストーリーもない。それどころか、説明のナレーションすらない。なのに、上映時間は何と3時間25分(途中、トイレ休憩あり)。そんなドキュメンタリー映画が口コミで評判になり、連日満員の観客が詰めかけている。

 <6月16日付余録>毎日長い列ができる…「ニューヨーク公共図書館」

 東京・神保町の岩波ホールで公開中の「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」(7月5日まで。全国順次公開。公式サイトは、http://moviola.jp/nypl/)。ポスターに「世界最大級の知の殿堂」とあるが、それだと観光名所案内やテレビ教養番組の類いを連想してしまうかもしれない。だが、それは違う。

 観客は「一体これは何だ」という驚きを呼び覚まされ、次第に「だとすると、どうなるんだ」という自問へ引…

この記事は有料記事です。

残り3116文字(全文3464文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

伊藤智永

編集委員兼論説委員

記者歴30余年。平成の日本政・官界を担当してきた。ジュネーブ特派員として2010年、アラブ民主革命やギリシャ経済危機の現場を歩く。毎日新聞にコラム「時の在りか」連載中。著書に「靖国と千鳥ケ淵」(講談社+α文庫)「忘却された支配」(岩波書店)他。