児童虐待 親の言い分をうのみにするな 子どものために介入をためらうな

馳浩・元文部科学相  
  • 文字
  • 印刷
馳浩氏=内藤絵美撮影
馳浩氏=内藤絵美撮影

 児童虐待の防止強化に向けた児童福祉法などの改正で体罰禁止が明記された。子育てに体罰、暴力、暴言、威圧的言動は必要ないということだ。

 もちろん、道路への飛び出しを止めて「何をやっているの!」ということを否定するものではない。通常のしつけやしかることは親権の監護養育権に十分含まれる。

 「懲戒権」を体罰の免罪符として使ってはならないということを、あえて法律で明示することで国民に周知徹底することができる。

 同時に「愛の鞭(むち)ゼロ作戦」、体罰に頼らない教育のあり方を国を挙げて展開していく。法律から懲戒…

この記事は有料記事です。

残り2054文字(全文2305文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

馳浩

元文部科学相  

1961年生まれ。高校教諭、プロレスラーを経て、1995年参院初当選。2000年衆院初当選。副文科相、党広報本部長などを歴任。自民党教育再生実行本部長。衆院石川1区。参院当選1回。衆院当選7回。自民党細田派。