ViViと自民コラボ、何が問題か 「高度化する広告」見えぬカネ 有権者も見極めを

西田亮介・東京工業大学准教授
  • 文字
  • 印刷
ViViが展開する自民党広告企画の告知画面=ViVi公式ツイッターより
ViViが展開する自民党広告企画の告知画面=ViVi公式ツイッターより

 自民党が講談社の女性ファッション誌「ViVi」とコラボレーションしたキャンペーンを実施し、ネットを中心に賛否両論が巻き起こり大きな物議を醸している。概要は以下のとおりである。「ViVi」のサイト内に、自民党が企画広告のページを作成した(下記、なお6月19日に同21日で企画が終了する旨が付記され、現在は閲覧できなくなっている)。

この記事は有料記事です。

残り4286文字(全文4451文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

西田亮介

東京工業大学准教授

1983年生まれ。博士(政策・メディア)。専門は社会学、公共政策学。著書に「ネット選挙--解禁がもたらす日本社会の変容」「情報武装する政治」。ツイッター @Ryosuke_Nishida