F35戦闘機、 追加購入は必要か 元空将・尾上氏が講演

  • 文字
  • 印刷
講演する元空将の尾上定正氏=東京都千代田区の毎日ホールで2019年7月2日、玉城達郎撮影
講演する元空将の尾上定正氏=東京都千代田区の毎日ホールで2019年7月2日、玉城達郎撮影

 航空自衛隊補給本部長などを務めた元空将の尾上定正(おうえ・さだまさ)氏の講演会「防衛のリアル―もう一度『F35』を考える」(毎日新聞政治プレミア主催)が2日、東京都千代田区の毎日ホールで開かれた。尾上氏は日本の次期主力戦闘機F35について「経済的なコスト、人的コストを踏まえて当事者として考えてほしい。負担するのは自衛隊だけではなく国民全員だ」と訴えた。

 F35を巡っては、2018年12月にそれまでの42機に加え、105機(うち42機はF35B)を追加…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文976文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら