参院選企画「対決の夏」~あなたはどちらに軍配

詳報 自民・安倍晋三総裁の第一声

  • 文字
  • 印刷
参院選が公示され、第一声を上げる自民党の安倍晋三総裁=福島市で2019年7月4日午前10時55分、小川昌宏撮影
参院選が公示され、第一声を上げる自民党の安倍晋三総裁=福島市で2019年7月4日午前10時55分、小川昌宏撮影

 みなさまおはようございます。安倍晋三でございます。いよいよ参議院選挙がスタートした。

 あの東日本大震災から、8年が経過した。当時、私たちは野党だった。しかし、谷垣(禎一)総裁のもと、自由民主党は全面的に当時の政府に協力をした。しかし残念ながら、民主党政権のもと、遅々として復興は進まなかった。皆さんご承知の通りだ。私たちは、野党である悔しさ、申し訳ない思いで、胸が震える思いだった。政権奪還の原点だ。福島の復興なくして東北の復興なし。東北の復興なくして日本の再生なし。この考え方のもと、政権奪還後、復興庁のもとに、省庁の縦割りを廃し、現場主義を徹底してきた。

 私も総理に就任して、40回被災地を訪問してきた。そしてその際、皆さんから声を伺った。「風評被害なん…

この記事は有料記事です。

残り4491文字(全文4821文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら