近隣諸国との外交は大丈夫か?

田中均・日本総合研究所国際戦略研究所理事長
  • 文字
  • 印刷
田中均氏=根岸基弘撮影
田中均氏=根岸基弘撮影

 トランプ米大統領の国賓訪日や大阪の主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)など華々しい外交とは裏腹に、日本の近隣諸国との関係は深刻な課題を持っているように思える。

 韓国との関係は出口が見いだせない。北朝鮮についても無条件の首脳間対話の呼びかけに応えはない。ロシアについても平和条約交渉に大筋の合意をつくるという力強い安倍晋三首相の意図表明も、説明なきまま頓挫しつつあるようだ。

 中国との関係は政治的停滞を脱して正常化し、関係が大幅に前進していることは好ましいが、これも米中関係…

この記事は有料記事です。

残り1435文字(全文1678文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

田中均

日本総合研究所国際戦略研究所理事長

1947年生まれ。69年外務省入省。北米局北米2課長、アジア局北東アジア課長、北米局審議官、在サンフランシスコ総領事、経済局長、アジア大洋州局長、政務担当外務審議官を務め、2005年に退官。著書に「外交の力」(日本経済新聞出版社)、「プロフェッショナルの交渉力」(講談社)、「日本外交の挑戦」(角川新書)などがある。