参院選企画「対決の夏」~あなたはどちらに軍配

独自色-「憲法改正」か「多様性」か あなたの意見は?

  • 文字
  • 印刷
候補の演説に手を振って応える人たち=東京都江東区で7月14日午後2時21分、須藤孝撮影
候補の演説に手を振って応える人たち=東京都江東区で7月14日午後2時21分、須藤孝撮影

 第25回参院選(21日投開票)のラストサンデーとなった14日、安倍晋三首相と野党第1党の枝野幸男代表はそれぞれ広島県や大阪府などで街頭に立ち、支持拡大を訴えた。選挙戦も終盤に差しかかり、演説内容は独自色を強めている。

 <詳報>14日の安倍首相の街頭演説

 <詳報>14日の枝野代表の街頭演説

首相「憲法改正を議論」

 広島市の商店街で演説した首相は「未来に向かってしっかりと憲法を議論していく政党を選ぶのか、国会議員の職責を放棄して審議すらしない政党を選ぶのか」と聴衆に問いかけた。

 4日の公示以降、首相は外交成果のアピールから入り、次に憲法改正に触れる構成の演説を続けている。国政…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文968文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら