参院長老は語る

参院に「憲法オンブズマン」の機能を

平野貞夫・元参院議員
  • 文字
  • 印刷
平野貞夫氏=須藤孝撮影
平野貞夫氏=須藤孝撮影

 敗戦後に憲法を作るときに、連合国軍総司令部(GHQ)は1院制とすることを強く求めた。戦前の貴族院のような制度がふたたび作られることを懸念した。

 一方で日本政府側は2院制を要求した。そのなかで「良識の府として戦前のようなことはしない」という議論があって今の2院制ができた。ところが憲法に「参院は良識の府」と書いてあるわけではない。

 本来は憲法には上院、下院の役割がそれぞれ書き込まれるべきものだ。ところが日本国憲法には第43条に「…

この記事は有料記事です。

残り1747文字(全文1962文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

平野貞夫

元参院議員

1935年生まれ。衆院事務局に入り、副議長(園田直)秘書、議長(前尾繁三郎)秘書などを経て委員部長となる。92年参院高知地方区で初当選し、2期務める。著書に「平成政治20年史」(幻冬舎新書)「参議院なんかいらない」(共著、幻冬舎新書)など。