発言詳報

7月17日国民民主党・玉木雄一郎代表の街頭演説(さいたま市)

  • 文字
  • 印刷
玉木雄一郎氏=根岸基弘撮影
玉木雄一郎氏=根岸基弘撮影

 7月17日、さいたま市のJR大宮駅前であった国民民主党の玉木雄一郎代表の街頭演説の詳報は次の通り。「家計を第一に考え、GDP(国内総生産)の6割を占める消費を軸とした好循環に変えていく」と訴えた。

国会で議論がされていない

 最後の厳しい選挙です。4人区。やっと背中が見えてきました。私たち国民民主党、全力を挙げて戦っていきたいと思います。

 今回の選挙は、私は二つのものを取り戻す選挙だと思ってます。一つは、まともな議論と言論をしっかり取り…

この記事は有料記事です。

残り4511文字(全文4730文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら