ウェストエンドから

ブレグジット強硬派・ジョンソン氏とは何者か

服部正法・欧州総局長
  • 文字
  • 印刷
服部正法・欧州総局長
服部正法・欧州総局長

 欧州連合(EU)からの離脱に揺れる英国では、24日に前外相のボリス・ジョンソン氏がメイ首相に代わって首相に就任した。10月31日のEU離脱期限へ向けた困難なミッションを担うことになるが、ジョンソン氏は毀誉褒貶(きよほうへん)が激しく、政治家としての評価が定まらない人物だ。なぜ多くの保守党員たちはそんな彼に英国の未来を託そうとするのか。

この記事は有料記事です。

残り2058文字(全文2227文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

服部正法

欧州総局長

1970年生まれ。99年、毎日新聞入社。奈良支局、大阪社会部、大津支局などを経て、2012年4月~16年3月、ヨハネスブルク支局長、アフリカ特派員として49カ国を担当する。19年4月から現職。著書に「ジハード大陸:テロ最前線のアフリカを行く」(白水社)。