発言詳報

7月20日玉木雄一郎・国民民主党代表の街頭演説(静岡県磐田市)

  • 文字
  • 印刷

 国民民主党の玉木雄一郎代表が20日に静岡県磐田市のJR磐田駅前で行った街頭演説は次の通り。「ウソや偽りに包まれた政治ではない、正直な政治を取り戻したい」と訴えた。

 ◇

 磐田の皆さん、熱い中、多くの人にお集まりいただいた。その思いを受け止めていただいたと思う。

 17日間のこの参院選挙の選挙戦。初日に駆けつけた。そして締めの最終日、改めてこちらに参った。絶対勝っているところ、絶対負けているところに最終日、代表は行かない。それだけこの静岡選挙区の選挙情勢は大変厳しい状況にある。その思いを今日は伝えにまいった。

この記事は有料記事です。

残り1572文字(全文1827文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら