発言詳報

8月5日玉木雄一郎・国民民主党代表「立憲と衆参で統一会派を」

  • 文字
  • 印刷
参院選が公示され、出陣式に臨む国民民主党の玉木雄一郎代表=静岡県掛川市で2019年7月4日午前10時46分、藤井達也撮影
参院選が公示され、出陣式に臨む国民民主党の玉木雄一郎代表=静岡県掛川市で2019年7月4日午前10時46分、藤井達也撮影

 国民民主党の玉木雄一郎代表が5日、立憲民主党からの衆院での統一会派結成の申し入れを受けて、記者団に語った内容は次の通り。玉木氏は「我々としては衆参一緒にやっていこうと確認した」と述べ、衆院だけでなく、参院でも統一会派結成を目指す考えを示した。

 ◇

 ――党役員会ではどんな話がありましたか。

 玉木氏 枝野(幸男・立憲民主党)代表から衆院での統一会派の呼びかけがありましたので、急きょ役員会を開いて考え方をまとめました。色んなご意見がありましたが、我々としては衆参一緒にやっていこうということで確認しましたので、こちら側の意向を8月中旬めどにいただきたいということだったので、早速役員会としては、我々としては、大きな塊をつくっていこうと去年からずっと呼びかけてきたので、衆院のみではなく、衆参一緒にやっていきましょうと先方にこちら側のお考えをお返しするということで、役員会で話をまとめました。

 ――参院側からは衆参一緒への反対意見はありましたか。

この記事は有料記事です。

残り1487文字(全文1909文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら