性犯罪撲滅へ議論待ったなし

(5)-解決策見いだすために

井出庸生・衆院議員
  • 文字
  • 印刷
井出庸生氏=高橋恵子撮影
井出庸生氏=高橋恵子撮影

 性犯罪とは何がいけないことなのか。性犯罪の定義や本質にかかわる「暴行・脅迫要件」をめぐる議論は、大変難しい議論であるからこそ、早くから時間をかけてやることが必要だ。

 議論をしないまま有識者会議や法制審議会の時期を迎え、その時、被害者側と法曹界の主張が平行線のままだったら、新たな解決策は見いだせないだろう。私は、被害者側には法曹界の考えを理解してもらい、法曹界には被害者の考えを理解してもらい、互いに尊重し合い、新たな解決策を見いだす議論を、時間をかけてやるべきだと思っている。

 2017年刑法改正審議の際に、当時の法相は改正法案の提案理由説明で「性犯罪は、被害者の心身に多大な…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文908文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

井出庸生

衆院議員

1977年生まれ。NHK記者を経て、2010年参院選長野選挙区に出馬し惜敗。12年衆院選初当選。衆院長野3区、当選3回。無所属