野党は統一会派結成を -必要なのは政権構想

杉尾秀哉・参院議員
  • 文字
  • 印刷
杉尾秀哉参院議員=2019年8月7日午前11時47分、高橋恵子撮影
杉尾秀哉参院議員=2019年8月7日午前11時47分、高橋恵子撮影

 今回の参院選の結果は立憲民主党にとって喜ばしいものではなかった。少なくとも20議席は行くだろうと予想したが、17議席にとどまり、特に比例代表の議席が予想より少なかった。2017年衆院選の比例代表の得票数と今回を比較すると、立憲はマイナス28.6%。4分の1強も減ったというのは、熱量が足りなかったことを示していると思う。

この記事は有料記事です。

残り1263文字(全文1424文字)

杉尾秀哉

参院議員

1957年生まれ。TBSワシントン支局長、報道局社会部長などを経て2016年参院選で初当選。民進党国対副委員長、広報局副局長などを歴任。立憲民主党機関紙局長、副幹事長。参院長野、当選1回。立憲民主党。